Who is Yoshie? リンク

New!2008年5月発売!
仮想インタビュー 仮想インタビュー
物質がかたる自画像

クォークからブラックホールまで

リチャード・ハモンド(著)
講談社 定価1140円(税別)

自然界に支配する22の物質の素顔に迫る!
炭素、電子、木星、ブラックホール、ウラン、フェルミオンとボソン、恒星、Wimp、中性子、クオーク、反物質、ミューオン、ひも、真空など自然界に存在する(存在すると予想される)総勢22の物質たちに仮想インタビューしながら、物質の性質から宇宙の構造などを包み隠さず語り明かしてもらいます。

New!2008年5月発売!
選ばれた少女たち Witch1
選ばれた少女たち



エリザベス・レンハード(著)
講談社 定価760円(税別)

海辺の有名な避暑地へザーフィールドにある私立中学、シェフィールド学院に転校してきたウィルとタラニー。タラニーのクラスのイルマは、魔法が使えるらしい。ある日、魔法なんてぜったいに信じないコーネリアにもふしぎなことが。なかよしグループのみんなに、つぎつぎと起こるふしぎ。これはいったい、どうしたこと?
New!2008年5月発売!
ティーン・パワーを
よろしく10

謎の脅迫状

エミリー・ロッダ (著)
講談社 定価998円(税込)

だれもがかかえる人に言えない秘密。
もしそれが、人に知れたら.......。
人々を恐怖におとしいれる、差出人不明の手紙。ティーンパワー、その正体をつきとめろ!
New!2008年5月発売!
リリー・クエンチ冒険ファンタジー3
リリーと不思議な穴
ナタリー・ジェーン・プライアー (著)
十々夜 (表紙絵)
あらいしづか (本文絵)
学研 定価840円(税込)

リリーがゆうかいされ、200年前の世界へ!
父であるブラック伯爵が亡くなったショックで「アイ・ストーン」のなかへ飛びこんだゴードン。たどりついた先は、200年前のイーライ城。ゴードンはそこで兵を組織し、ある目的のためにリリーをゆうかいし、連れさった。リリーはぶじ、元の時間へもどれるのだろうか?そして、そのときドラゴンは......?
2008年2月16日発売!
エヴァーロスト

ニール・シャスターマン(著)
ソフトバンク文庫

14歳のニックとアリーは、たがいに乗っていた自動車が衝突事故を起こし、即死した。
しかし、9ヵ月後、木々が生い茂る森の中で二人は再び目を覚ます。
そこは、事故で死んだ子どもたちが一時的に滞在する生と死の中間地点“エヴァーロスト”だった。
-生と死の狭間の世界を精緻に描いた、魅惑の冒険ファンタジー。
2008年2月15日発売!
リリー・クエンチ冒険ファンタジー1
リリーとクイーン・ドラゴン
ナタリー・ジェーン・プライアー (著)
十々夜 (表紙絵)
あらいしづか (本文絵)
学研 定価840円(税込)


ふつうの女の子だったリリーと3000歳のドラゴンがくりだす、スリルあふれる冒険物語。
【あらすじ】
リリーは祖母の死後、自分の家は代だいドラゴン撃退係の一家だということを知らされる。自国アシュビーを守るため、立ち向かう決心をしたリリーだったが、ほんとうに戦う相手はドラゴンではなく...。
平和な国を取りもどすため、リリーの冒険がはじまった!
リリーのお部屋へ

リリー・クエンチ冒険ファンタジー2
リリーと恐怖の谷
ナタリー・ジェーン・プライアー (著)
十々夜 (表紙絵)
あらいしづか (本文絵)
学研 定価840円(税込)

いよいよ、ブラック伯爵と対決か...!
【あらすじ】
リリーとドラゴンは、ブラック軍防衛のため、自生する"青百合"を求めてブラック山脈へと旅立つ。
雪つもるなか、黄金色のふしぎな導きにまどわされるリリー。ドラゴンがおそれて近づこうとしない谷のひみつ、ブラック伯爵、ゴードンなど、敵との戦いの行方はいかに!
2007年11月30日発売!
ディセンバー・ボーイズ ディセンバー・ボーイズ
マイケル・ヌーナン(著)
日本文芸社 定価1,260円(税込)

『ハリー・ポッター』のダニエル・ラドクリフ主演
映画『ディセンバー・ボーイズ』は12月1日公開!
>>オフィシャルサイト

ディセンバー・ボーイズ ディセンバー・ボーイズ ディセンバー・ボーイズ ディセンバー・ボーイズ ディセンバー・ボーイズ
2007年11月20日発売!
アンジェリーナのハロウィーン フェアリー・レルム(10)
虹の杖

エミリー・ロッダ (著)
童心社 定価840円(税込)
ジェシーの家をあやしんでいるツイードさんが、ついにのりこんできた! 
2007年9月発売!
アンジェリーナのハロウィーン アンジェリーナのハロウィーン
キャサリン・ホラバード (文)
ヘレン・クレイグ (絵)
おかだよしえ (訳)
講談社 定価1,680円(税込)

ほたるの衣装で行列に参加したアンジェリーナ。さあ今回は、なにがおきるでしょうか.....?
アンジェリーナのハロウィーン
>>クリックで拡大
アンジェリーナのハロウィーン
>>クリックで拡大
 
2007年7月4日20刷を迎えました
アインシュタイン―科学の巨人
岡田好惠 (著)
河口峰子 (カバー画)
まがみばん (挿絵)
講談社青い鳥文庫 定価840円(税込)

科学の巨人アインシュタインの、青少年時代を中心にした伝記。相対性理論の説明もあり。
2007年7月発売
フェアリー・レルム9 フェアリー・レルム(9)
空色の花


エミリー・ロッダ (著)
童心社 定価840円(税込)

フェアリー・レルム、第9巻発売!

お城がめちゃくちゃに!?
いたずら妖精ペスキーを追いはらう方法は、歌の中に!
2007年6月13日発売
ティーン・パワーを
よろしく9
 
犬のお世話はたいへんだ

エミリー・ロッダ (著)
講談社 定価998円(税込)

ばか犬ジョクが、リッチェルに恋をした!

暴れん坊の犬の世話で、ティーン・パワーはおおわらわ。一方、レイブンヒルではどろぼう騒ぎ!
2007年3月22日発売
フェアリー・レルム8 フェアリー・レルム(8)
水の妖精


エミリー・ロッダ (著)
童心社 定価840円(税込)

フェアリー・レルム、こちらも第8巻!

パトリスの故郷のパーティーによばれたジェシー。ところが、妖精のけんかにまきこまれて…!?
ティーン・パワーを
よろしく8
 

エミリー・ロッダ (著)
講談社 定価998円(税込)

ティーン・パワー、第8弾!
ここが地上の楽園?
ビーチの住人たちはあやしすぎ!
ティーンパワーのバケーション。彼らを待っていたのは、かがやく海・・・だけじゃない?
アンジェリーナ
おねえさんになる


キャサリン・ホラバード(著)
ヘレン・クレイグ
(絵)
新しい家族の誕生をお祝いする、心あたたまるストーリー。
世界じゅうで愛されているイギリスの名作絵本シリーズ、第5弾!
おかあさんに赤ちゃんが生まれました。名前はポリー。アンジェリーナはおねえさんになったのです。かわいい妹の誕生...のはずが、みんなポリーにかかりきり。本当はさびしくてしかたないアンジェリーナは……。
決定版 心をそだてるはじめての日本の歴史 名場面101
西本 鶏介,舟崎 克彦,岡田 好惠(著)
講談社

知っておきたい日本の歴史、101話!
過去から現在に続く長い時間の中、そこに生きる人々が形作った壮大なドラマ、それが歴史です。年号暗記ではわからない、物語としての歴史の面白さを凝縮した一冊

エミリー・ロッダさんの新刊『秘密のメリーゴーランド』PHP研究所が7月24日(月)に発売されました。ロッダさんからメッセージをいただきました。

「秘密のメリーゴーランド」について
 エミリー・ロッダ

この作品を書き始めたのは、ふたごの息子アレックスとクレムが生まれてすぐのことでした。窓の外を枯葉が舞うのを見ているうちに、最初の一行がふと頭に浮かんだのです。長女のケイトは当時十さい。わたしたちの愛情を一身に受けて、すくすくと育っていました。ところが一度に弟がふたりも生まれ、環境は一変しました。その上、手ぜまになった家を引っ越すかもしれないと言われ、すっかり心細くなったのでしょう。かなり自分をもてあましているようでした。わたしは、そうした娘の不安と向き合いながら毎日、原稿を書きついでいきました。
できあがった物語は“the Best-Kept Secret”というタイトルで、1988年に出版され、その年のオーストラリア児童文学賞(最優秀賞)をいただくことになりました。わたしたち家族のだいじな思い出がつまった作品が、日本でも紹介されることを心から嬉しく思います。どうか、ひとりでも多くの読者が読んでくださいますように。そしてぜひ、このHPへ感想を聞かせていただけますよう、お願いします。
メールアドレスは letter@okadayoshie.com です。

バカはなおせる 
脳を鍛える習慣、悪くする習慣

久保田 競 (著)
アスキー

刺激的な題名に少し恐れつつ読みだすと、これが楽しい! しかもためになる! 
脳科学の権威による懇切丁寧な脳活性化のお話がテンポよく展開されます。元気に長生きするノウハウを教えてくれる貴重な一書。
読むと――思わず走りたくなりますヨ!
2006年7月7日発売!

フェアリー・レルム-6- 夢の森のユニコーン
作:エミリー・ロッダ
訳:岡田 好惠
絵: 仁科 幸子
・童心社

2006年6月10日発売!

ティーン・パワーをよろしく-7 -  ホラー作家の悪霊屋敷
作:エミリー・ロッダ
イラスト:大庭賢哉
訳:岡田好恵
・講談社
ホラー作家・アブナー・ケインの仕事を手伝うティーン・パワー。ところが信じられない出来事がつぎつぎと起こり、ティーン・パワーはパニック寸前!しかもケインの屋敷は、かつて恐ろしい事件の舞台となったいわくつきの屋敷だった!
2005年12月10日発売!

ティーン・パワーをよろしく-6 -  テルティス城の怪事件
作:エミリー・ロッダ
イラスト:大庭賢哉
訳:岡田好恵
・講談社

ティーン・パワーの今度の仕事は、宝石商・テルティスさんの家の留守番。テルティスさんはニックの知り合いで、この仕事も彼が見つけてきた。でも、このお屋敷に強盗が侵入。超豪華なエメラルドがなくなった!テルティスさんはどうなるのか?ニックの心配はつのるばかりで……。
2006年3月3日発売!

フェアリー・レルム-5- 魔法のかぎ
作:エミリー・ロッダ
訳:岡田 好惠
絵: 仁科 幸子
・童心社