« 2017年07月 | メイン | 2020年12月 »

2017年10月 アーカイブ

2017年10月04日

今年のノーベル物理学賞は重力波初検出に!

(しばらくご無沙汰だったこのブログですが、
これは、書かずにはいられない!♪)

やりました! 2017年のノーベル物理学賞は、重力波初検出の3氏に! 
ライナー・ワイス(85)、バリー・バリッシュ(81)
とキップ・ソーン(77)各氏。

重力波は、重い天体(例:ブラックホール)などが動くとき、
その重力の影響で生じた空間のゆがみが、さざ波のように
周囲へ伝わる現象。

アインシュタインが一般相対性理論で存在を予言していたのが、奇しくも
約100年後の2015年に初検出され、翌2016年に発表され、翻訳作業中に
原書の初版が改訂され、それに併せて翻訳を直し、出版されたとたん、
重力波は満を持してノーベル賞に! 激動の展開でした。

受賞のお三人は、重力波を初検出したアメリカのLIGO(ライゴ)科学グループ
の共同研究メンバー。初検出記者会見の様子が活写されているのは、お三人と
親交があった著者ならではだと思います。なかなか難しい分野ですが、それでも、
社会人向け連続公開講座を視聴しているような、本当に楽しい著作でした。

おしゃれで楽しいのは、惜しくも今年61歳で他界された著者のお人柄だと思います。

講談社ブルーバックスB2027
『重力波で見える宇宙のはじまり』
どうぞよろしく!

170812_102850.jpg

2017年10月18日

中性子星の合体から重力波検出、日本チームも!

巨大なブラックホールの合体による重力波が検出され、
観測施設LIGO(ライゴ)のお三名がノーベル物理学賞を
受賞しましたが。10/16日、こんどは非常に重い中性子星の合体で
放出された重力波
をキャッチしたと、米欧チームが発表。

翌10/17日には、国立天文台などの研究者チームが、ハワイのすばる望遠鏡で、
追跡観測したと発表。ブラックホール合体による重力波検出は、
ブラックホールが光をのみ込んでしまうため、
光(=望遠鏡)では捉えられない現象でしたが、
今回の日本チーム検出装置は、こんなふうになっています。
↓↓↓

%EF%BC%92%E9%87%8D%E5%8A%9B%E6%B3%A2%E6%A4%9C%E5%87%BA%E8%A3%85%E7%BD%AE.jpg


すばる望遠鏡では可視光と赤外線を捉えて、明るさの変化を分析。
金などの重い元素が中性子星の合体によって作られたとする理論を裏付ける
観測データを得たもので、国立天文台の田中雅臣助教は
「重い元素の起源の謎に迫る大きな一歩になった。これからも観測を続け、
解明に挑みたい」と。

発表記者会見では、日本の重力波観測装置「かぐら」(岐阜県飛騨市神岡町)
の本格稼働に期待する声も相次いだそうですが。
かぐらが加わると重力波観測の精度が上がる。これから宇宙論の
さらに重要な発見があるだろう」と、国立天文台の
ラファエレ・フラミニオ特任教授。

訳書『重力波で見える宇宙のはじまり』(講談社ブルーバックス)
が出版されて間もない今、”重力波天文学の夜明け”という言葉を実感しています。


About 2017年10月

2017年10月にブログ「♪岡田好惠ブログ ♪岡田所長のわかったネコは手をあげて!」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年07月です。

次のアーカイブは2020年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。